業績は、千葉工業大学 研究者情報サイトの著著・論文・作品を参照してください。

主要研究テーマは、以下の4項目です。
  1. ソフトウェア品質管理
  2. ソフトウェアプロセス改善
  3. システムテスト自動化
  4. リポジトリマイニングに基づくプロジェクト分析

ソフトウェア品質管理

「ソフトウェア品質管理」は非常に広いテーマですので、まずは、“ソフトウェア開発をより良くするために役立つ事は何でもする”という方針で進めます。この方針で進めていく中で、研究・開発のテーマが見つかれば、その内容を追求していきます。主な活動内容を以下に示します。
  1. 図書の出版
  2. ツールの開発や推進(良いツールの推奨も含め)
  3. コンサルティング
  4. 教育
戻る

ソフトウェアプロセス改善

以下の図は、ソフトウェアプロセス改善シンポジウム(SPI Japan)の「発表概要」作成ガイドから抜粋したものです。この図は、プロセス改善活動の実践結果を的確に説明するための構造を示しています。


SPI Japan の Webサイトには、たくさんの発表資料が蓄積されています。これらの資料も活用しながら、ソフトウェアプロセス改善の知識体系を整理したいと考えています。
戻る

システムテスト自動化

製品のソフトウェア開発では、新規開発だけでなく、既存のソフトウェアを改造する派生開発も数多く行われています。派生開発は既存のソフトウェア資産を活用できるというメリットがある一方で、品質を確保するためのテスト工数・期間は大きく削減できていないという課題が存在しています。その理由は大きく二つあり、一つは、製品としての品質を担保するためには変更の影響が少ないと思われる部分に対してもテストを行うが、この部分は人手に頼ることが多く、ある一定以上のテスト工数が必要となるためと考えています。もう一つは、テスト自体の品質やバリエーションの不足により、テストの抜けもれが生じてしまい、後戻り工数が増大してしまうためと考えています。これらの課題に対応する施策として、テスト自動化の取り組みが効果的であり、近年、多くの組織で取り組みを推進しています。しかしながら、リソースの不足や技術力不足などによって、テスト自動化を推進するための体制の整備が進まず、組織的に安定して実践できる状態に辿り着かないことが多いのが実状です。本テーマでは、システムテスト自動化の実践をとおして、以下のような内容に関する研究・開発を進めます。
  1. テスト自動化を推進するためのテストチーム
  2. テスト戦略
  3. テスト自動化のためのテスト設計
  4. テストスクリプト開発方法とテスト環境の構築方法
戻る

リポジトリマイニングに基づくプロジェクト分析

ソフトウェアリポジトリマイニングの技術を活用して、組織やプロジェクトで蓄積された大量の開発履歴データから、プロジェクトに有用な知見を導くための研究・開発を行う予定です。ソフトウェアリポジトリマイニングの要素技術としては、コード解析、データマイニング/機械学習、テキストマイニング、ソーシャルネットワーク分析、統計解析などがあります。現時点では、以下のような観点からの分析をしたいと考えています。
戻る
Last Update:2019/03/02